LESSONS LEARNED

優秀なビジネスマン御用達の語学スクール

語学

日本語をはじめ、中国語、ロシア語、イタリア語、ヒンディー語など、世界には話者の数と経済力、文化力などに応じて多数の言語が存在しますが、そのなかでも特に政府の媒体として用いられており、グローバルな影響力を持っている言語が「英語」です。しかし、いくら英語が公用語だからといって、英語ばかり話せても意味がありません。

学校や街の語学スクールで学ぶことができる英語は、簡単な日常会話がメインのため、ビジネスシーンで有利に働く英語を学ぶことができないのです。
例えば、「英語には敬語がない」とよく言われておりますが、実際は英語にも日本語と同じように敬語が存在し、日本語で「~して頂けますか?」という言葉を英語で表す場合、「kindly」という英語を用いることで、日本語と同じく相手を思いやる言葉へと変化させることができるのです。

こういったビジネスシーンで役立つ英語は、本物の英語を学ぶことができる語学スクールでなければ教えてもらうことができませんので、ビジネスシーンで役立つ英語をマスターしたい男性は、ビジネス英語に強い語学スクールに通うことをオススメします。

既にビジネス英語をマスターしており、バイリンガルとしてグローバル企業で活躍されている男性が更なる高みを目指すのであれば、中国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語などグローバルな影響力を持つ言語を学び、トライリンガルとして活躍できるよう、多言語スクールへ通うとスキルアップに繋がるため、優秀な人材として一目置かれるようになることでしょう。
ただし、多言語を話せるようになると日本語力が低下したり、とっさに言いたいことが出て来なくなるなどのデメリットがありますので、言語スクールに通う場合は、日本語力の低下を招かぬよう、日本語の勉強も合わせて行うようにしましょう。