LESSONS LEARNED

社会人の男性にオススメのスクールと習い事

子どもの頃は、両親に言われてスイミングスクールや英会話スクール、ピアノ教室に通っていた男性も多いと思いますが、社会人になるとキャリアップや豊かな人生を過ごすため、自発的に習い事に挑戦してみたいという方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

大人向けの習い事には、余暇を有意義に過ごすためのものやビジネスシーンで役立つスキルを身に付けることができるものなど様々ですが、特に男性から人気の高い習い事が、
・語学スクール
・料理教室
・パソコンスクール
・音楽教室
の4つです。

特に「語学スクール」や「料理教室」、「音楽教室」は男性のみならず、女性からも高い人気を誇る大人向けの習い事ですので、共通の趣味を持つ女性と仲良くなれるチャンスでもあります。
また、大人向けのスクールや習い事には、20代から60代までの幅広い世代の方々が参加されておりますので、ビジネスシーンに直接関係のないスクールや習い事であっても、ビジネスシーンで有効となるコミュニケーション能力を高めることができますので、気になるスクールや習い事がある方は積極的に参加されることをオススメします。
では、さっそく社会人の男性にオススメの代表的な4つのスクールと習い事について簡単にご説明します。

語学スクール

学生時代に世界共通テスト「TOEIC」を受けて、就活やビジネスシーンで有利に立とうと思われている男性も多いと思いますが、実際はTOEICのスコアがどれだけ高くても、ビジネスシーンに役に立つ英語力が身に付くことはないと言われており、最近はTOEICのスコアに重点を置いている企業が減少していると言われています。
では、就活やビジネスシーンで有利に働く語学力とはどのようなものなのでしょうか。それは、本物の語学を扱うことをメインに指導している「語学スクール」で学ぶことです。
学校や街の英会話スクールなどで、英語やフランス語などの語学を学んでいるから平気だと思っている方も多いと思いますが、学校や街の英会話スクールでは、簡単な日常会話を学ぶところであり、ビジネスシーンで役に立つ語学を学ぶことはできません。
ビジネスで役立つ語学を学ぶためには、英語の「敬語」を学ぶことができる語学スクールに通うことがオススメなのですが、「世界六大言語」と呼ばれている日本語・英語・中国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語が学べる語学スクールへ通うことで、多言語を話すことができる優秀な人材としてたいへん重宝されることとなるでしょう。

料理教室

日本では古くから「男子厨房に立たず」ということわざがあります。このことわざには、「男は外で働いて家計を支え、女は家事をこなして家庭を守る」という意味が込められており、夫婦それぞれに与えられた役割をしっかりこなすことで生活を支えてきた日本の古き良き時代を表現しています。
しかし、現代では、女性の社会進出が加速したことで、男性が率先して育児に取り組んだり、台所に立って料理をするなど家庭に積極的に関わることを良しとする風潮が生まれ、最近では「料理男子」や「自炊男子」など、女性よりも料理の腕が良い男性が急増しています。
また、料理男子といえば、20代から30代の若い男性を思い浮かべる方も多いと思いますが、50代から60代の中高年の男性も大勢参加しています。
21世紀現在、「男子厨房に立たず」はもはや時代遅れのことわざであり、男性も女性も関係なく料理を楽しむ時代となりました。この機会に料理教室へ通い、健康のために自分で料理を作ったり、奥様への感謝の気持ちを込めてご馳走を手作りしてみてはいかがでしょうか。

パソコンスクール

パソコンが普及し始めた1990年代以降の世代を「デジタルネイティブ」と呼びます。デジタルネイティブとは、学生の頃からパソコンやインターネットのある生活環境で育った1980年以降に生まれた若者のことを指します。
しかし、2013年に日本政府が実施した「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」では、アメリカ・イギリス・韓国・ドイツ・フランス・スウェーデンの若者と比べ、日本人の若者はパソコンなどの情報機器の所持率が低いことが明らかになったのです。
さらに、日本の若者は自宅にパソコンがあっても触れる頻度が非常に低く、情報整理や加工して発信するといったコンピューターを使いこなすスキルが全くないため、たとえ有名な大学を卒業してグローバルな企業に就職できたとしても、表計算ソフトでグラフを作ることができなかったり、プレゼンテーション資料の作成ができないとなると、業務に支障をきたしてしまい、周りの方々に迷惑をかけてしまいます。
もし、パソコンに関するこういったお悩みを抱えている男性は、ビジネス関連に強くなれるパソコンスクールに通うのがオススメです。
ビジネスパソコンスクールでは、基本的なパソコンの操作から、専門知識をピンポイントで学ぶことができるなど、パソコンについて改めて勉強し直しながらキャリアアップが目指せるのが魅力となっています。

音楽教室

多くの男性が10代の頃にギターやベースなどの弦楽器を手にしたことがあるのではありませんか。特に思春期の楽器体験は、50代から60代は「アコースティックギター」、30代から40代は「ピアノ」や「エレキベース」、30代は「ピアノ」と世代によって大きく異なり、ピアノ世代である30代から40代の方々は「両親に言われて始めた」という方が多く、ギター世代である50代から60代の方々は「好きなミュージシャンに憧れて始めた」という方が圧倒的となっています。
しかし、音楽はパソコンや英会話などとは違い、自分自身のスキルアップに繋がるものではないため、多くの男性が社会に出た途端、音楽を止めて、パソコンスクールや語学スクールなどに通い、ビジネスシーンで活躍できる優秀な人材になろうと努めています。
ですが、ふと懐かしいメロディが流れてくると、「あの頃のように演奏してみたい」という気持ちが湧き起こり、楽器専門雑誌やカタログなどを眺めたり、楽器店を訪れていることもあるのではありませんか。
でも楽器に触れていない時間が長すぎて、大好きだった楽器の扱い方を覚えていないという方も大勢いらっしゃると思います。
そんなときは音楽教室へ通い、もう1度好きだった音楽を初めてみてはいかがでしょうか。

オススメリンク

  • 大阪心斎橋・難波のイタリア語スクール Ciao amici(チャオ アミーチ)

    大阪にあるこちらのイタリア語スクールは、イタリアでも通用するイタリア語会話を日本で学ぶことができます。大阪の心斎橋や難波からも近いため、アクセスしやすく、交通の便が良いイタリア語スクールです。大阪でイタリア語スクールをお探しの方は、こちらのイタリア語スクールがオススメです!